スペシャル情報

 | 

夏野菜を使った保存食編

 農産物が多く収穫できるこの時期。栄養価満点の旬の野菜を、そのまま食べるのはもちろん、一度手を加えて保存しておけば、食事の様々な場面で活躍してくれます。
 そこで、会津伝統野菜を含めた今が旬な野菜を加工し、保存しておけるレシピをご紹介します。

会津伝統野菜とは

 会津の気候・風土にあった野菜として、昔から作られている在来種の野菜のことです。自家採取され、代々受け継がれてきた品種を最近では、「エアルーム野菜」とも呼ばれるようになりました。「エアルーム」とは、「家宝」と訳されます。会津伝統野菜は、現在14種類あります。その中で今が旬な5種類の野菜を紹介します。

夏野菜を加工して保存できるレシピ!

【夏野菜の油味噌】

  ▲ おにぎりの具材として

【材料】
 ・味噌………… 500g
 ・丸茄子……… 3個
 ・慶徳玉葱…… 1個
 ・大葉………… 10枚
 ・青唐辛子…… 1本
 ・三温糖…… お好み
 ・油…………大さじ5
 ・料理酒……大さじ2

【作り方】

  1. 慶徳玉葱、大葉、青唐辛子をみじん切り、丸茄子をさいの目切りにする。
  2. 油をひいた鍋に慶徳玉葱・丸茄子を入れ、炒める。
  3. 玉葱がきつね色になったら、大葉、青唐辛子、三温糖、料理酒を入れ、炒める。
  4. 具材が、しんなりしてきたら、味噌を入れる。
  5. 全体的に、混ぜ合わせ、火が通ったら完成!

【しその実と茗荷のしぼり】

  ▲ 冷奴の付け合わせに♪

【作り方】

  1. 鍋に湯を沸かし、塩を多めに入れておく。
  2. しその実と茗荷は、別々に茹で、保存しておきます。
    ・しその実は、ほぐし取り、水で洗って、茹でる。
    ・茗荷は、細く刻み、茹でる。
  3. ひと煮立ちしたら、取り上げ、冷水に浸す。
  4. 粗熱が取れたら、水を絞り、袋などに入れて空気を抜き、冷蔵庫へ保存。
  5. 食べるときに冷凍庫から出し、半冷凍で青唐辛子を加え、麺つゆであえて完成!

  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報