農畜産物

トルコギキョウ

 当地区では、6月から10月にかけてトルコギキョウを出荷しています。
 トルコギキョウは日本国内で品種改良が進んでいる花で、日本で改良した品種は200種類あると言われ、さらに毎年メーカーから新しい品種が発売されています。
 清楚な印象の一重咲き、大輪のバラのような八重まで様々で、冠婚葬祭問わず広く切り花として利用されています。


生育中のトルコギキョウ

  • 定植直後定植直後
  • 生育中生育中
  • 収穫中収穫中

産地のこだわり

 環境にやさしい栽培を実践し、生産者は「エコファーマー」を取得しています。エコファーマーは、環境に優しい栽培方法で栽培している生産者に与えられる認定です。
 また、湿式輸送(ELFシステムによる輸送)によって、切り花を水に漬けたまま、運搬しています。そのため、花の鮮度を維持することができ、品質の良い花が出荷できます。

  • トルコギキョウ - 産地のこだわり
  • トルコギキョウ - 産地のこだわり
  • トルコギキョウ - 産地のこだわり

トルコギキョウの品種

 トルコギキョウの花色は、白・ピンク・紫が多く、覆輪(多色)の花もあります。
 その他にも、グリーンの花、秋に使いたいややくすんだ花色のものもあります。花の形も様々で、大輪の花や、小輪で細かく枝が出ている花、一重咲き、八重咲き、フリンジなどがあります。
 当産地では、毎年、花色の流行や出荷時期の需要に合わせて品種を吟味し、消費者に好まれる品種を栽培すべく努力しています。

  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種
  • トルコギキョウの品種

トルコギキョウの水揚げと長持ちする工夫

 トルコギキョウは水揚げしやすい花です。購入後、茎を水の中で1cmほど切る「水切り」や水の中で手で茎を折る「水折り」で水揚げします。
 毎日水を換えると長く楽しめます。元気がなくなってきたら、再度水切りしましょう。
 また、鮮度保持剤を使うと、花を長く楽しむことができます。

トルコギキョウの花言葉

 トルコギキョウの花言葉は、「優美」「希望」「よい語らい」「清々しい美しさ」です。

  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報