会津よつばについて

放射性物質検査の取り組み

検査の概要

  1. 目的
    農畜産物の放射性物質に関する安全性を確保し、消費者の皆様の安心感を高めることを目的としています。
  2. 測定器の種類
    NaI(TI)シンチレーション検出器 FNF-401
    (平成24年3月 2台導入)
  3. 青果物の検査
    JA会津よつば9総合支店管内
    生産部会で調査地点を選定し計画的に検査を実施します。
  4. 測定品目
    (1)野菜
    アスパラガス、インゲン、サヤエンドウ、きゅうり、トマト、ミニトマト、スナップエンドウ、グリーンピース等
    (2)果実
    梅、桃、りんご、すもも、サクランボ、梨、ブドウ、柿等
    (3)菌茸
    原木しいたけ(施設)、菌床しいたけ(施設)

測定方法

1.検査対象をみじん切りにします 動画はこちら
2.切った検査対象を容器に詰めます 動画はこちら
3.容器をセットし測定を開始します 動画はこちら
4.測定結果をプリントアウトします 動画はこちら


測定器の紹介

  ・装 置 名:微量放射能測定装置(FNF-401)

  ・メーカー:応用光研工業株式会社

測定器詳細情報はこちら(メーカーホームページ)

  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • 考えてみよう!TPPのこと
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • 「疑わしい取引勧誘」にご注意ください
  • おいでよ!南会津。
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報