スペシャル情報

 | 

 皆さん『直売所』と聞けば新鮮な『野菜・果物』など食べ物関連を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、ファーマーズマーケット『まんま~じゃ』では、野菜などに負けないくらい新鮮できれいな『花』も販売しています。
 店頭で取り扱う花は、生産者の方が直接店頭に持ち込むものなのでとっても新鮮で尚且つ高品質です。品種はもちろん種類も切り花、鉢物など豊富で、春のゴールデンウィーク頃には野菜の苗と一緒に色とりどりの花苗も所狭しとお店の棚に並びます。
 切り花は通年を通してその時期の花などが出荷されていますが、特にお盆の時期などには需要とともに供給も多くなります。鉢物では5月の母の日付近にカーネーションが、12月のクリスマス付近にはシクラメンなどを取りそろえています。
 花を購入されたお客様からは、「新鮮で長持ちするわ」との意見もたくさんいただいており、自信を持っておススメできる商品の1つです。
 毎年年末にはお正月飾り用にアレンジメントの予約なども受け付けしています。また、常時花束の注文も予算などに応じて行っておりますので、お気軽にご注文ください。


花

■生産者からのMessage■

 12月末から4月初旬までラナンキュラスを出荷しています。6月頃からはトルコギキョウやナデシコを、他にもダリアやアネモネなど色々な花をハウスで作り、ファーマーズマーケット「まんま~じゃ」や市場で販売しています。
 ハウスの中は季節に関係なく年中扇風機を回し、花が多湿による病気などにかからないよう湿度を下げています。また、ラナンキュラスは涼しい方が長持ちするので加温しても5℃くらいと低い温度を保つよう管理しています。9月から翌年5月まで出荷するダリアは、蕾が出る前・葉の状態の時の日照時間不足によっては花の中央の芯が露わになってしまうなど影響が出てきます。そのためハウス内では日に3~4時間電照を行い温度も暖かく設定し管理しています。
 花を作るうえで、人間も厳しいと思う暑すぎる・寒すぎる環境は花にとってもあまりいいものではないので、花にとって心地良い温度・湿度管理を心掛けています。また、JAあいづ花卉生産部会は、各個人が花の規格を厳格に守り共選所へ出荷してきました。長年そうして一人ひとり心掛けてきたことで、市場でも会津の花は良質で花の産地として認められてきています。
 野菜や肉など生きる上で欠かせない食材を買うように、花を購入する方はまだまだ少ないと思います。しかし、男性でも花束を持ち歩くことが自然となるような時代を目指していきたいです。ぜひ日本の皆さんが、気持ちにもそして経済的にも余裕ができて、花を買って『きれいだな』と感じて幸せな気持ちになってほしいと思います。

  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報
  • 南郷トマト振興協議会