農畜産物

夏秋期日本一の福島県昭和村のかすみ草 ─歴史


 昭和村の切り花の歴史

平成29年 フラワーオークションジャパン主催の「FAJ OF THE YEAR 2017」において当かすみ草部会が優秀賞を受賞。
昭和村でかすみの学校がスタート。花き販売額41千万円。
平成28年 JA広域合併により新生JA会津よつばかすみ草部会設立。
花き販売額38千万円。
平成27年 昭和花き研究会の解散と同時に研究会会員のJA会津みどりかすみ草専門部会への加入。花き販売額38千万円。
フラワーオークションジャパン主催の「FAJ OF THE YEAR 2015」において当かすみ草部会が最優秀賞を受賞。
平成26年 かすみ草独特のにおいを抑えるために、専用の処理剤を施用したかすみ草の試験販売を開始した。
平成25年 宿根かすみ草栽培30周年を迎えた。
平成24年 フェンロー国際園芸博覧会に出品し、昭和のかすみ草がフロリアード賞を獲得。
平成23年 福島第一原子力発電所事故が発生。かすみ草の販売額39千万円。
平成22年 観測史上最高の猛暑。開花期の前進が問題となった。
平成17年 昭和村農林水産集出荷施設、「雪室(ゆきむろ)」の利用開始。
平成15年 「全国カスミソウふくしまサミットin昭和」を開催。かすみ草の輸送において、バケットレンタルシステム導入。
平成14年 かすみ草の輸送において、エルフバケットシステムを導入。
平成10年 JA広域合併により、JA会津みどりかすみ草専門部会設立。
平成8年 有限会社昭和花き研究会設立。
平成6年 かすみ草の鮮度保持対策として湿式縦箱輸送開始。関西市場への出荷開始。
平成4年 かすみ草の鮮度保持対策として氷温輸送開始。プラグ苗の導入。
平成2年 かすみ草の生産が急増し、販売額2億円突破。
昭和63年 葉たばこの廃作奨励が契機となり、かすみ草への経営転換が進む。
昭和59年 JA昭和村花き生産部会設立(4月17日)
昭和村花き研究会設立(7月16日)
昭和58年 昭和村でかすみ草の栽培が始まる。
昭和45年 昭和村で切り花の生産(りんどう)が始まる。
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報
  • 南郷トマト振興協議会