スペシャル情報

 | 

ほうれん草(ほうれん草の米粉クリームパスタ)

 冬の野菜は味が濃いと言われるのと同じく、ほうれん草も冬の寒さの中で育ったほうれん草のほうが甘味を強く感じ、栄養価も高くなる緑黄色野菜です。
 ほうれん草の栄養価で特に豊富なのがβカロテンで、ほうれん草100gには、1 日に必要なβカロテン40%が含まれていると言われています。βカロテンは、動脈硬化や心筋梗塞、がんの予防に効果的といわれています。その他にもβカロテンの一部がビタミンAになることから、視力の維持や鼓膜、皮膚の健康を守ります。
 また、ほうれん草に含まれる栄養素で代表的な鉄分。ほうれん草には、鉄分の吸収を助けるビタミンCも豊富に含まれているため、より貧血・冷え症解消にもよい食材と言えるでしょう。ビタミンCによる風邪予防にもほうれん草はおすすめです。
 ほうれん草の根元の赤い部分には、抗酸化作用のあるポリフェノールやマンガンが含まれています。マンガンはカルシウムやマグネシウムと一緒に、骨の健康維持の働きをします。マンガンが不足すると骨粗しょう症や肌荒れをしやすくなります。
 お浸しや汁物など、様々な料理に合う「ほうれん草」を食べて、元気に冬を乗り越えましょう!


  • 葉の緑が濃く、厚みがあり、みずみずしくピンと張っているものを選びましょう。葉の下から、密集して生えており、根元は、赤身があり、付け根部分が太い物の方が甘く美味しいです。

  • 濡れた新聞紙などで包み、袋に入れて野菜室に立てて保存します。冷凍保存する際は、切らずに固めに茹で、冷水に通してから水気を絞り、1 度に使う分ずつカットしラップに包んで保存するとよいでしょう。

■生産者からのMessage■

三国 秀雄 さん

 いつも妻と息子と農作業に取り組んでいます。体を動かしながら働いて健康でいれるのが、農家の良さですね。
 まんま~じゃには、ほうれん草、カブ、玉ねぎ、大根など、たくさんの野菜を出荷しています。
 一般的なほうれん草も出荷していますが、今は「寒味」という品種の「ちぢみほうれん草」もおすすめです。昨年の10月に種を蒔き、たくさん発芽して、味も良く育ちました!寒さに耐えるために、葉は横に広がるように成長し、名前のとおりシワシワに縮んでいます。より濃い緑色の葉で厚みもあり、旨みも増しているのが特徴でとても美味しいですよ。
 私はお浸しにして食べるのが好きです。寒い時期限定の野菜ですので、ぜひ食べてみてくださいね!
 全ての野菜に、心を込めて育てています。これからも安心安全の美味しい農産物を作っていきますので、ぜひ食べてみてください!
 


 旬の食材を使って

ほうれん草の米粉クリームパスタ



【材料】(2人前)
 ・パスタ…………200g
 ・玉葱…………… 1/2
 ・ほうれん草…… 2株
 ・ベーコン……… 150g
 ・牛乳………… 300cc
 ・米粉………… 大匙2
 ・塩コショウ……………少々
 ・コンソメ………… 小さじ1
 ・バター………………… 20g
 ・ブラックペッパー……お好み
 ・粉チーズ……………お好み

作り方

  1. 玉葱を薄切り、ベーコンを1センチ幅に切り、ほうれん草を4~5㎝のざく切りにする。
  2. 鍋たっぷりのお湯に塩を適量加え、パスタを茹でる。
  3. フライパンにバターを熱し、玉葱、ベーコンを炒める。ある程度炒めたら、ほうれん草も加えて、さらに炒める。
  4. フライパンに米粉を溶かした牛乳と、コンソメを加え、混ぜる。
  5. 塩コショウで味をつけ、茹でたパスタを加える。
  6. 全体に味が馴染み、お好みでブラックペッパーや粉チーズをかけたら完成!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報
  • 南郷トマト振興協議会