スペシャル情報

 | 

レタス(レタスのシャキシャキ春巻き)

 レタスは水分が多く栄養が少ないイメージがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実はビタミンやカリウム、食物繊維など様々な栄養素を含んでいます。1つ1つの栄養素の効果を説明します。
 ビタミンC は免疫力とストレスへの抵抗力を高め、風邪や感染症の予防などが期待されています。ビタミンE は、アンチエイジング効果や動脈硬化の予防が期待できると言われており、ビタミンK は丈夫な骨づくりにも不可欠な栄養素で、けがなどの出血をした時に血を止める役割もあります。
 カリウムは、体内の余分なナトリウム(塩分)を排出してくれる機能をもっているため、高血圧の予防やむくみを解消する効果があるとされています。
 また食物繊維は、新陳代謝を良くし、便秘の予防にも役立ちます。便秘を解消することで、肌荒れを防ぎ、生活習慣病の予防に大事な栄養といえるでしょう。
 料理の使い勝手が良く美味しいのに加えて、健康効果が期待できるレタスを食べて、新生活の疲れが出てくるこの時期を元気に乗り切りましょう!


  • 葉っぱが丸まって球状になっているレタスは、葉がみずみずしく全体的にふんわりと巻いているものが、良いでしょう。反対に丸くならないレタス(リーフレタス等)の場合は、葉の色が鮮やかなものが新鮮な証拠です。どちらのレタスでも、切り口が痛んでないものを選びましょう。

  • レタスは、乾燥に弱く、鮮度が落ちやすい野菜です。保存する際は、切り口に濡れた新聞紙やキッチンペーパーを当て、ビニール袋に入れて野菜室で保存しましょう。しかし、葉の部分に余計な水気があると傷む原因になるので、水気は切っておくようにしましょう。

■生産者からのMessage■

髙木 裕哉 さん

 大学で農業について学び、平成29年に就農しました。四季が激しい会津の地でも、年間を通して美味しいレタスを届けたいと思い、水耕栽培でマルチリーフRエアリという品種のレタスを栽培し、「ふんわりーふ」という名前で販売しています。水の管理、肥料の調整が難しいですが、パリッとした食感、風味や味を心がけています。生で十分美味しいので、サラダで食べるのが1番ですが、その食感などを活かして、これからのシーズンにはサンドイッチなどにもおすすめです!
 「小学生の子供が“ふんわりーふ”大好きで…」といって10個近く購入してくださった方を見かけたときや、「野菜嫌いのおじいさんが美味しく食べてくれたよ!」と声をかけられたときは、すごく励みになりました!子供たちに美味しく食べてもらえる=老若男女問わず、安心して美味しく食べていただける野菜づくりをしていきたいです。
 直売所には、生産者が想いを込めて育て、自信を持って出している農産物がたくさんありますよ!
 


 旬の食材を使って

レタスのシャキシャキ春巻き



【材料】(10本分)
 ・春巻きの皮…… 10枚
 ・レタス………… 10枚
 ・ひき肉 ……… 100g
 ・ニラ ………… 100g
 ・春雨 ………… 50g
 ・たけのこ(水煮もしくは茹でたもの)… 100g
 ・すりおろし生姜……… 小さじ1
 ・ごま油………………… 大さじ1
 ・水溶き小麦粉…………… 適量
 ・水溶き片栗粉…………… 40ml

【★】
 ・酒…大さじ1
 ・醤油…大さじ2
 ・オイスターソース…小さじ2
 ・鶏ガラのスープの素…小さじ1
 ・ごま油…小さじ1

作り方

  1. レタスは流水で洗い、春雨は4㎝ほどに切り、水で戻しておく。
  2. ニラを4㎝、たけのこを細切りにする。
  3. フライパンにごま油と生姜をいれ、ひき肉を色が変わるまで炒める。
  4. ニラ、たけのこ、春雨を加え、全体に火が通ったら、★を加える。
  5. さらに水溶き片栗粉を加えて、火を止める。
  6. 春巻きの皮の上に、レタスを乗せ、その上に5.の具材を乗せて、巻く。
  7. 最後は水溶き小麦粉で、皮を止める。
  8. 揚げ油が高温に温まったら、さっと揚げる。
  9. 油をきったら完成!
  • みんなのよい食プロジェクト
  • JAネットバンク
  • ATMのご案内
  • 組合員加入のご案内
  • コメナルド画伯twitter
  • よつばギャラリー
  • ぶらり、よつばナビ
  • 部会員向け市況情報
  • 南郷トマト振興協議会